スマートフォン・携帯電話

ahamo(アハモ)へプラン変更する時の注意!申込み時に必要な情報は?ドコモのメールアドレスは使えない?

ahamo(アハモ)へプラン変更する時の注意!申込み時に必要な情報は?ドコモのメールアドレスは使えない?

NTTドコモの新プラン、ahamo(アハモ)が大人気です。料金プランが格安なこともあり、とにかく料金にこだわる人にはおすすめですが、一方でドコモメールが使えないなど欠点もあります。

この記事では、ahamoに替えようか悩んでいる人に向けて、デメリット克服のアドバイスや申し込み時の注意点、切り替え方法のご案内をいたします。お付き合いください。

ahamo(アハモ)のメリット・デメリット

メリット・デメリット

NTTドコモの新プラン「ahamo」は、通話を好まない若者向きとされています。ですが、携帯を安く使いたい人なら年齢を問わずおすすめのプランです。

また、ここでいう「若者」とは実年齢を指すのではなくて、困ったときに調べて対応できる人のことと思えばいいでしょう。

ではまず、ahamoのメリット・デメリットから見ていきます。

ahamo(アハモ)のメリット

ahamoのメリットには以下が挙げられます。

  • 月額定額(税込2,970円)
  • 20GB分の通信と、1回5分の無料通話が付いてくる
  • 料金プランが1種類で悩むことがなく、どれだけ使っているのかも把握しやすい

月額は「税込2,970円」です。通信料と通話が無料の範囲を超えなければ、これ以外の費用は必要ありません。

データ通信量の20GBは、ご自宅でWi-Fiを使い、外でもなるべく無料Wi-Fiに接続している人にとっては十分すぎる容量です。超えてしまうことは少ないでしょう。

通話をする女性

携帯電話宛の通話はもともとLINE等の通話アプリを使えば無料なので、1回5分の無料通話が付いていれば、店舗など固定電話に掛ける際も困ることは少ないはずです。

ライバルである、auの「povo(ポヴォ)」、ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」は月額2,728円(税込)ですが、無料通話がないため実質的な差はなくなっています。

ahamoはシンプルなので、現在のドコモの料金からどのぐらい安くなるのか、把握が容易です。今までのようにたびたび料金見直しをする必要もなく、料金面では切り替えて後悔することはないでしょう。

ahamo(アハモ)のデメリット

ahamoもいいことばかりではありません。デメリットも見ておきましょう。

  • ドコモショップでは無料カスタマー対応なし
  • ドコモショップでahamoの申込み、手続きのサポートを受けると有料(税込3,300円)
  • ドコモメールが使えなくなる
  • 従前のドコモオプションはほぼ解約を余儀なくされる(キャリア決済に注意)
  • dカードGOLDのポイント還元が減る

デメリットについては、克服方法も併せて見ていきます。

ahamo(アハモ)はドコモショップに頼れない

ahamoのサポートセンターが混雑していたこともあり、スタート時にはなかったドコモショップでのahamoサポートが始まっています。

窓口の機能はなく、ユーザー自身のWebでの切り替え手続きを手助けしてくれるものです。

サポート代金1回3,300円(税込)と非常に高いですが、一度だけのことなら、プラン変更に伴う月額料金低下で取り返せるレベルではあります。

ただ、今までドコモショップでよく手続きしていた人は、ahamo変更以後はもう頼れないと考えておくべきでしょう。

ドコモメールが使えない

キャリアメール

povoやLINEMOにも同じ問題がありますが、ahamoに切り替えると携帯キャリアメールが使用停止となります。ただ、これについては困らない人のほうが多いかもしれません。

総務省の意向はキャリアメール利用可にあるため、2022年頃利用が復活する可能性もあります。復活しなくても現在はLINEやGmailなど、やり取りの手段が無数にあります。

ですが現状、ネット銀行(楽天銀行等)を使っている人はくれぐれも気を付けてください。ネット銀行からの振込みの際、本人認証のために最も確実なのがキャリアメールだからです。iPhoneユーザーならiCloundメールが使えますが、Androidユーザーの場合、GmailやYahoo!メールは認証に使えません。

ご自宅にネット回線を引いている人なら、プロバイダから付与されたメールがあるはずなので、これを使うといいでしょう。ない人は有料メールを契約するしかありません。

ドコモのオプションが使えなくなる

ドコモのオプション料金を支払っている人は、ほぼすべて解約してからでないとahamoに代えられません。例えば、留守番電話などはahamoで使うことができなくなります。使っていないオプションを抜けば料金がさらに安くなり、むしろ歓迎すべきかもしれません。

ただし、人によっては解約で困るオプションもあります。
アーティストのファンクラブなど、ドコモのSPモード決済で会費を集めているケースが多く、ahamoに代えると会費を支払えず強制退会を余儀なくされます。

ドコモのSPモード決済で登録しているファンクラブを退会したくない人は、実質的にahamo切り替え不可です。

dカードGOLDユーザーへの還元がなくなる

ahamoにするならdカードがおトク!
出典:dカード

ドコモユーザーに有利なクレジットカードといえば「dカードGOLD」です。
ゴールドカードのため年会費は11,000円(税込)しますが、携帯料金に応じて10%のポイントバックがあるため、実質負担は少なくなっています。

ですが、ahamoに切り替えるとdカードGOLDの10%ポイントバックがなくなります。代わりに、dカードGOLD利用額の10%が返ってきます。ただし最大月300ポイントに過ぎず、ahamoの契約だけでdカードGOLDの年会費を取り返すことは、絶対に不可能となっています。

dカードGOLDを使い続け、かつドコモ携帯料金をこのカードで引き落とす場合、月に5GB余計にもらえるメリットはありますが、年会費相当の価値はないでしょう。

ahamoに替えたい人は、スタンダードのdカード(年会費無料)へのダウングレードをおすすめします。

ahamo(アハモ)への切り替え時の問題点と解決方法

問題点

メリット・デメリットが理解できたと思うので、ここからはNTTドコモの従来プランの契約者が、Web上の手続きでahamoに切り替える際の注意点を見てみましょう。

新規ドコモ加入の人はそれほど問題ないですが、旧来の契約から切り替えの人は、面倒に思えるところもあります。

なお、ahamo契約への切替可能な端末は限られていますが、あまり古いものでなければほぼOKです。

dアカウント・dポイントクラブへの加入

ahamoへの切り替えの際は、dアカウントおよびdポイントクラブ入会は不可欠です。手続きしていない人は少ないと思いますが念のため。どちらも専用公式サイトで手続きます。

よくわからない人は、次の「オプション廃止」ともども、ドコモショップで手続きが可能です。これに関してはahamoの手続きには含まれないのでサポート無料です。

ドコモオプションの廃止

ahamoに切り替えるにあたっては、申し込みにあたってすべてのドコモのオプションを廃止しなければなりません。

Webで行う場合は、ドコモユーザー専用のマイページである「My docomo」にログインして手続きします。

料金明細サービスの変更

ahamoへの切り替えは決して難しいものではないものの、手続きの際に引っ掛かりがちなのが「料金明細サービス」です。

料金明細はahamoサイトでの確認となるため、これまでドコモでの料金明細を「郵送でのご確認(Web+郵送含む)」としていた場合は、「Webでのご利用」へ変更が必要です。

また、ドコモの料金をWebで確認している(郵送してもらっていない)人なら、料金明細サービスに入っているかと思いますが、その表示を切り替える必要があります。

次の通り、表示方法の切り替えが必要です。

下4桁を除き表示

全桁表示

My docomoで料金明細サービスをいったん解除したうえで、申し込み直せば自動でこうなります。

料金明細サービスを申し込む際、「毎月の料金明細を定期発行」・「WEBでのご確認」の両方を選択してください。

切り替え後、通信ができなくなったら

たまに、ahamoへの切替成功直後に、スマートフォンが通信不能となることがあります。切替不能の古い機種で手続きしてしまうとこうなりますが、新しい機種でも発生する事象です。

いろいろ試しても解決しない場合、次の方法で直りますので、試してみてくださいね。

※Androidの場合
「設定」→「システム」→「詳細設定」→「リセットオプション」→「ネットワーク設定のリセット」と進んで、ネットワークをリセット

ahamo(アハモ)に切り替えてお得に通信を楽しもう!

ahamo公式Youtubeより
出典:ahamo

本記事では、ahamoへ切り替えるにあたってのメリット・デメリット、および障害とその克服方法を見てきました。

ahamoに切り替えることによって、個人差はありますが料金が3,000円以上安くなることもあります。

切り替え作業が1人でできる、身近な人に聞いて解決できるといったように、ドコモショップに頼らずOKの人には、ahamoはおすすめといえるでしょう。

スマートフォン・携帯電話
この記事を書いた人
弁天小僧

キャッシュレスは単なる支払い手段ではなく、生活を豊かにしてくれますよ。
キャッシュレス関連の記事執筆と、自己アフィリエイト、キャンペーン等の実践で生活している弁天小僧です。クレジットカードは常時10枚持っています。
人さまにもおすすめしたいのは、年会費無料で還元率1.5%になり、モバイルSuicaとの相性もいいエポスゴールドカードです。

おトクらし