交通系ICカード

交通系ICカードとは、多種多様に展開されている電子マネーのひとつです。そのなかで交通系ICカードは、日本各地の鉄道会社が発行する電子マネーになります。

発行する会社に交通機関を利用するときの運賃の支払い、定期券としても使うことが可能です。そのため、日々、交通機関を利用する人は交通系ICカードを利用する傾向が高くなります。

交通系ICカードでは、JR東日本が発行するSuica(スイカ)や首都圏を中心として使われているPASMO(パスモ)、関西や北陸、東海で使われているPiTaPa(ピタパ)などがあります。

様々な交通系ICカードがありますが、そのほとんどが全国で相互利用できます。たとえば、Suicaを九州や北海道で利用することも可能です。(なかにはエリアまたぎができない場合もあるため注意が必要)

また、交通系ICカードの利用は運賃だけではなく、コンビニや自動販売機など身近な場所にあります。駅舎内のお店でも使えるなど、日常生活での利用シーンは幅広いです。

現金によるチャージのほかにも、クレジットカードとの連携ができるため残高不足も防げるでしょう。スマートフォンのおサイフケータイなどに登録すると便利に使えます。