楽天ペイ

楽天Payと楽天Edyの使い分け方を徹底解説!あなたに最適なのはどっち?

楽天Payと楽天Edyの使い分け方を徹底解説!あなたに最適なのはどっち?

キャッシュレス決済が急速に普及し、今まで現金派だった方もクレジットカードやQRコード決済などを利用される方が多くなってきました。

特に、楽天はポイント還元率が高いので「楽天経済圏」という言葉まで存在します。楽天経済圏で生活していると疑問になりやすいのが「楽天Pay」と「楽天Edy」の違いです。

そこで今回は「楽天Payと楽天Edyの特徴」や「楽天Payと楽天Edyのメリット・デメリット」を解説します。

この記事を読めば、楽天Payと楽天Edyの違いを理解でき、上手に使い分けできるようになるでしょう。

楽天Payと楽天Edyの違い

楽天Payと楽天Edy
出典:楽天Edy

今までは、楽天Payは後払い、楽天Edyは前払いと分けられることが多い傾向でした。しかし、楽天Payにも事前にチャージをして決済できる「楽天キャッシュ」があります。

さらに、最近では「楽天銀行から直接引き落とし」サービスがはじまり、使いすぎを心配される方でも安心して利用できるようになりました。

チェック項目楽天Pay楽天Edy
支払い方法・コード払い
(バーコード・QRコード)
・QRコード読み取り
・セルフ
カードまたはアプリでタッチ決済
チャージ・決済方法・クレジットカード
・楽天キャッシュ
・通常、期間限定ポイント
・楽天銀行直接引き落とし

(新サービス)
※利用するサービスによっては、事前チャージ必要なし
・現金
・クレジットカード
・通常ポイント
※事前チャージ必ず必要
ポイント還元率・1.5%(楽天カード+楽天キャッシュ)
・1%(上記以外)
・1%(楽天カードからのチャージ)
・0.5%(上記以外からのチャージ)

楽天Payと楽天Edyの違いがわかりにくいと思っている方も、上記の表を見比べていただくと違いがわかりやすくなるでしょう。楽天Payと楽天Edyは似ているようで全く似ていないので、詳しく解説していきます。

「楽天Pay」は期間限定ポイントを使いたい方におすすめ

楽天Pay
出典:楽天Pay

楽天Payの大きなメリットは楽天ポイントの「期間限定ポイント」が利用できる点です。

楽天のキャンペーンやスーパーポイントアップなどで獲得したポイントは期間限定ポイントとして付与されます。名前のとおり、利用期間が限定されているので期限内にポイントを使いきらないと失効してしまいます。

楽天ポイントの期間限定ポイント
出典:楽天Pay

そこでおすすめなのが「楽天Pay」です。利用可能店舗数は正式に発表されていないですが、全国のコンビニやスーパー・薬局などでご利用いただけます。今まで期間限定ポイントを使いきれず困っていた方は、楽天Payを活用してみましょう。

また、楽天Payはポイント還元率を最大1.5%にできます。

  1. 楽天キャッシュに楽天カードからチャージ【200円1ポイント(1%)】
  2. 楽天キャッシュでお支払い【100円0.5ポイント(0.5%)】

あらかじめチャージをしておくことで、使いすぎ防止にもなります。

「楽天Edy」はキャッシュレス決済に抵抗がある方におすすめ

楽天Edy
出典:楽天Edy

楽天Edyは、事前にチャージをしていないと使えません。今月いくら使ったかわからなくなるのが不安な方は楽天Edyのほうが安心でしょう。

最近では楽天Edyのアプリも登場し、さらに利用しやすくなりました。アプリ内で簡単にチャージを完結させられるため、いきなり使いたいときも役に立つでしょう。

今までのように、現金でチャージもできるので、現金派の方にもおすすめのキャッシュレス決済方法です。

楽天Payと楽天Edyのデメリット

楽天Payのデメリットは、電波がわるいところや圏外なとこでは利用できない点です。一方、楽天Edyはアプリ以外にも楽天Edy機能付きの楽天ポイントカードや楽天カードがあるので、電波がわるいところでも安心して利用できます。

しかし楽天Edyは、楽天Payに比べるとポイント還元率が低くなります。さらに、楽天Edyは「200円で1ポイント」なので199円の支払いはポイントが付与されません。ポイント還元率を重視される方は、楽天Payのほうがいいでしょう。

楽天Payと楽天Edyを上手に使い分けて、楽天ポイントをザクザク貯めよう!

楽天ポイントとは?
出典:楽天PointClub

ここまで「楽天Payと楽天Edyの違い」を解説してきました。
楽天Payは決済方法がたくさんあり、期間限定ポイントも利用できます。使いすぎが不安な方でも安心して利用できる決済方法もあるので検討されてみてください。

また、ポイント還元率も最大「1.5%」なので、楽天ポイントを貯めたい方にはおすすめの決済方法です。

一方、楽天Edyは事前チャージ限定なのでクレジットカードのような後払い決済は不安と思う方にはぴったりの決済方法でしょう。楽天ポイントも最大「1%」還元になります。

お仕事やプライベートで、よく電波がわるいところに行かれる方は、電波に左右されない「Edy機能付きの楽天カード」をつくられることをおすすめします。

店舗によっては、楽天Payと楽天Edyのどちらか一つしか対応していないところもあるので、どちらも利用できるように準備しておくと安心でしょう。

参照:楽天Pay楽天Edy

楽天ペイ電子マネー
この記事を書いた人
陽髙百

アメリカの大学で経済・会計学を学ぶ。Associate degree(准学士号)を取得後、不動産事務やWeb広告営業など様々な業界を経験。

現在は、ファイナンシャルプランナーとしてWebライターの活動をしながら自身のブログやSNSで20代に向けた「お金の基礎知識」について発信をしている。

おトクらし