クレジットカード

ラグジュアリーカードを申込む前に知っておきたい!便利なポイントの貯め方と使い方

ラグジュアリーカードを申込む前に知っておきたい!便利なポイントの貯め方と使い方

2008年にアメリカで創業されたクレジットカード会社「ラグジュアリーカード」。現在では日本と中国を併せた3つの事業拠点を設けているこの会社のカードは、普段使いするにも旅行に活用するにも利便性が高く、しかも使いやすいクレジットカードとして認知度が徐々に高まっています。

ラグジュアリーカードには3つのグレードが存在しており、チタン、ブラック、ゴールドと区分けされています。

このうちチタンとブラックのカードは申込制で入会が可能となっており、ゴールドだけは招待制。チタン、ブラックいずれかのカードを日々活用している方に、適切なタイミングで案内が来るという手はずとなっています。

普段使う分にはチタン、ブラックのどちらのカードでも十分メリットがあるわけですが、ゴールドはゴールドでさらに手厚い待遇を受けることが可能。この辺りは優待サービスの質の違いや、カードを使うことで貯まるポイントの量にも影響するところです。

今回は、ラグジュアリーカードの3つのグレードそれぞれを使って決済することで貯まるポイント、ラグジュアリー・リワードの概要をご紹介していきたいと思います。

まだラグジュアリーカードのサービス申し込みをしていないけど、利用を検討しているという方。是非最後までご覧いただければ幸いです。

ラグジュアリー・リワード、グレード別のポイント付与率

ラグジュアリーカードのポイント還元比較
出典:LuxuryCard

まずは、ラグジュアリーカードを使った際に付与されるポイント、「ラグジュアリー・リワード」について、3種類のカードのグレードそれぞれの違いを簡単に見ていきましょう。

最初にチタンカードから。チタンカードは本会員の場合、年会費は55,000円(税込)となっており、その家族が入会する場合、16,500円(税込)が別途必要となります。

チタン会員のカード決済の際の基本的な還元率は1%カードを利用するごとに、1%のポイントが還元されるということですね。

ラグジュアリーカード(チタン)
出典:LuxuryCard

ラグジュアリーカード【チタン】の詳細を見る

次にブラックカードですが、こちらは本会員の年会費が110,000円(税込)となり、家族会員は27,500円(税込)。

カードを利用した際の還元ポイントは1.25%となっており、チタンカードよりも還元率は高くなっています。

ラグジュアリーカード(ブラック)
出典:LuxuryCard

ラグジュアリーカード【チタン】の詳細を見る

そしてゴールドカード本会員年会費はもっとも高く220,000円(税込)、家族会員が55,000円(税込)となり、家族会員の時点でチタンカードの本会員相当の年会費が必要ということに。

還元率は当然、もっとも高い1.5%のポイント還元
招待制なのですぐに申込出来ないのはネックですが、とにかく普段からカード決済をする分には、ゴールドカードがもっともラグジュアリー・リワードを貯めるには適しています。

出典:LuxuryCard

以上が3つのカードそれぞれの利用で得られるラグジュアリー・リワードの還元率となります。

どう使えばラグジュアリー・リワードは効果的に付与される?

ラグジュアリー・リワードは普段のお買い物、旅行などでカード決済をするだけでどんどん貯まるポイントです。

ですので、カードのグレードに関わらず、とにかく使うだけでお得ということになるのですが、実のところ決済をする場を選ぶことで、より効果的な還元を受けられる場合もあります。

会員専用オンラインモール経由でポイント還元率アップ

オンラインショッピング

その他のクレジットカード会社も同様の仕組みを導入していますが、ラグジュアリーカードの場合も会員専用のオンラインモールを経由することで、ネットショッピングの際にポイントが通常より多く付与されることに。

この会員専用のオンラインモール機能は日本国内でもかなり有効に使えるもので、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど、大手含む400以上のオンラインショップの利用が可能です。

その還元率は利用するショッピングサイトや商品にもよりますが最大+14.5%となっており、これはラグジュアリーカード所有者なら見逃してはならない高還元率でしょう。

例を挙げますと、ラグジュアリー・リワードのボーナス還元率は楽天市場の場合は+0.5%、Yahoo!ショッピングの場合は+1%となっております。

一点、注意すべきなのはオンラインモール経由によって有名ショッピングサイトのAmazonの利用も可能ではありますが、残念なことにAmazonは現段階ではボーナス還元の対象外サイト

今後改善される可能性もなきにしもあらずですが、ひとまずラグジュアリー・リワードを効果的に貯めていきたい場合は、この点は注意しておく必要があるでしょう。

ラグジュアリーカードを持ったら、これまで普通にログインして使っていたネットショッピングサイトも、一度会員専用のポイントモールを経由するという一手間を忘れないようにしておきたいところですね。

ラグジュアリー・リワードと賞品交換

ポイント(コイン)

また、ラグジュアリーカードの公式サイトは貯まったラグジュアリー・リワードを使って賞品交換を行うというサービスも導入しています。

定期的に商品は入れ替えつつ、ラグジュアリーカードオリジナルの商品やAmazonギフト券、スターバックスカードチャージなどを取り揃えているのですが、この賞品交換が実はまたお得を招くチェックポイント。

貯めたラグジュアリー・リワードを賞品と交換する際は、カードの種別によってお得な還元率で交換が可能です。

ラグジュアリーポイント交換
出典:LuxuryCard

チタンカードの場合最大2.2%、ブラックカードは最大2.75%。最上位のゴールドカードに至っては最大3.3%という高い還元率で賞品交換ができるのは魅力的ですね。

貯まったラグジュアリー・リワード、その使い道とは?

日々のカード決済で貯めていくことになるラグジュアリー・リワード。その使い道にもいくつかの選択肢があります。

【賞品交換】
まずは前項でも取り上げましたが、ラグジュアリーカード社が提供している賞品交換サービスですね。貯めたポイントを使って、定期的にラインナップが変動する賞品群の中から任意の物と交換ができます。

【決済利用】
次に、これが恐らくもっとも多くのユーザーの使い道になると思うのですが、貯まったラグジュアリー・リワードを日々のカード決済で利用するという形ですね。

チタン会員でも1%のポイント還元は決済のたびに生じていますので、長く使えばそこそこの金額相当のポイントになっていることでしょう。特に旅行や、大きなお買い物を何度か経ていればなおさらです。

ですので、その日々の決済で貯まったポイントを使ってお買い物をすれば、これはもう一番お得さを感じられる瞬間と断定しても過言ではないところですよね(笑)。

【マイル交換】
それともう一つ、貯めたラグジュアリー・リワードですが、実は大手航空会社のマイレージに移行させることが可能です。

国内であればANAやJAL。国外ではユナイテッド航空マイレージプラス、ハワイアン航空ハワイアンマイルがその対象となっています。

気になるそのレートですがチタン会員の場合0.6%、ブラック会員で0.75%、ゴールド会員で0.9%となるので、いわゆる1:1の交換レートというわけではないのですが、十分活用に値する数字ではないでしょうか。

何より利便性の拡充という意味では「こんな使い道も出来る」ということで、知っておいて損はないでしょう。

ラグジュアリー・リワードに交換期限はある?

カード決済の都度付与されるラグジュアリー・リワードですが、期限なくいつまでも放置してOKというわけではありません。使わずに死蔵しておくといつの間にかその有効期限が消失してしまうことも。

で、その期限なのですがポイント獲得月から5年後となっています。これはカードのグレードに依存せず、3種全てで共通。5年間放置したポイントは消えていくということを覚えておくと、勿体ない事態を招くことはないでしょう。

まあ、ポイントの有効期限が5年間というのは決して短いわけではないですし、そこまで焦ることはないのですが…。

貯めて使ってまた貯める!ラグジュアリー・リワードを活用してカード決済を楽しもう!

ショッピング

ということで、ここまでラグジュアリーカードのポイントサービス、ラグジュアリー・リワードの効果的な貯め方、使い方についての紹介していったところです。

ラグジュアリーカード自体がそもそも特典や優待が非常に多く、ステータスカードとして所持しておくだけでメリットが多いクレジットカード。

加えてポイントもバカに出来ない付与率になっており、効率的な貯め方も存在しているのは説明をしてきたとおりです。

上手く活用すれば、ラグジュアリー・リワードをたくさん貯めつつ、その他の優待を併用して日常にもっと“便利”をもたらせるカード。それがラグジュアリーカードだと考えておきましょう!

クレジットカードステータスカード
この記事を書いた人
松本ミゾレ

主にネットニュースサイトへの執筆で生計を立てている文筆業。“男性はあらゆる点で女性より弱い”を信条に、恋愛や芸能コラムに取り組む。いくつかの食い扶持に困るような資格を持ち、特技はパチンコ台の釘調整や潜水、人形製作など多数

おトクらし