株・証券

【米国株はなぜ人気なのか?】取扱い銘柄数トップクラスのマネックス証券で投資を始める方法

米国株はなぜ人気なのか?取扱い銘柄数トップクラスのマネックス証券で投資を始める方法

お金は誰もが生きていく上で大切なものの1つ。お金は余分にあったほうが安心感も得られやすい為、生活資金とは別に貯金する方も多くいるでしょう。

「貯金」は自分で稼いだお金を貯めることですが、貯金の中に余剰資金がある場合は、お金を運用して増やす「投資」をする方も多くいます。「投資」とは、先の利益のために資金を投じること。投資の方法はさまざまですが「株投資」は多くの方に認知されているものかと思います。

株式は、日本株、米国株、中国株、新興国株など様々な種類が存在しますが、その中でもここ数年で注目されているのが「米国株」。外国株なので一見難しそうと思いますが、意外と初心者でも安定して投資ができると人気なのです。

この記事では、なぜ米国株が選ばれるのかといった理由や米国株取引を行う上でおすすめの口座「マネックス証券」で投資を始める方法を紹介します。

米国株とは?

米国株とは?

米国株とは、米国で取引されている株式のこと。米国は経済規模・市場規模ともに世界最大となっており、世界最大の経済大国でもあります。米国の経済にインパクトがあると他国の経済にも大きな影響を与えることがあり、その動向は全世界が注目しています。

米国の株式市場には「ニューヨーク証券取引所 (※1)」と「ナスダック (※2)」があり、日本でいうところの東京証券取引所などの取引所と同じように取引がされています。

※1 New York Stock Exchange(NYSE)
米国ニューヨーク州・ニューヨーク市のウォール街にある世界最大の証券取引所のことで、世界で最も上場審査が厳しいといわれている。
※2 National Association of Securities Dealers Automated Quotations(NASDAQ)

米国にある新興企業向けの株式市場のこと。アップル(AAPL)やマイクロソフト(MSFT)、アマゾン(AMZN)などの多くの人が知っている企業も多数上場している。

ちなみに、米国株と日本株の違いとしてわかりやすいところでいうと、取引時間が違ったり、銘柄コードがティッカー・シンボルという1~5文字のアルファベット羅列(日本株のように数字4桁表記ではないもの)が使われたり、1株から買えたり、ストップ高・ストップ安(値幅制限)がなかったり、ということが挙げられます。

米国株が選ばれる理由

米国株はおよそ6000銘柄以上存在しています。取引を行うには海外口座を開設しなければいけないのか?と一瞬頭をよぎった方もいると思いますが、日本の証券会社でも限られた銘柄にはなるものの、購入可能となります。

米国株はメリットも多く投資家からの注目が高まっています。
ここからは、米国株が選ばれる理由を3つピックアップしてご紹介します。

1株から投資OK

日本株は、基本的に1単元の株を最低売買単位として設定しており、上場会社の多くは100株または1,000株を1単元としています。その一方で、米国株は1株から投資OK。

【例】1株あたり2,000円の銘柄に投資をしたい場合
・日本株:2,000円×100株購入=必要資金20万円程度
・米国株:2,000円×1株購入=必要資金2,000円程度

上記例の場合、日本株では20万円程度の資金がないと厳しいですが、米国株の場合は2,000円程度。その他銘柄によっては数千円~数万円程度から投資をすることが可能となります。

株投資が初心者の方でも、気軽に取り組める金額ですね!

長期にわたって高い上昇

米国株は、長期にわたり成長をし続けてきています。
以下の参考画像は、1994年から100とした場合の変化率推移の比較チャートです。

1994年から100とした場合の変化率推移の比較チャート
出典:マネックス証券

ITバブル崩壊(2000年3月~2002年10月)や、リーマンショック(2007年10月~2009年3月)の影響で株価が下落した時期もありましたが、その他は右肩上がりに成長しているのがわかります。
※その後、2020年には新型コロナウイルスによる下落もありましたがなんとか徐々に戻してきています。

ちなみに世界の時価総額ランキングについて、2022年1月18日時点(記事公開日)のTOP10を見てみると8つが米国。さすがという感じ。

出典:CompaniesMarketCap.com

高配当・増配当

米国株は日本株と比較すると、配当の利回りが高い傾向にあります。

米国企業は、株主還元として「配当金」を重視している企業が多くあり、日本では「株主優待(サービス券など)」が定着していますが、米国では配当金を増やす傾向が高くなっています。

また配当回数も年4回などと多くなっています。こうした理由から米国株は「高配当+増配当」の銘柄も多いため、配当金を目的とする投資家などにも人気があるようです。

米国株投資におすすめ「マネックス証券」

日本の証券会社で米国株を取り扱っている会社は数社ありますが、中でもおすすめなのでネット証券会社の「マネックス証券」。

マネックス証券は、株式の他にも投資信託、IPO、NISA、iDeCoなど、さまざまな金融商品の取り扱いがある総合証券会社です。会社の歴史としては1999年に創業、2000年8月に東証マザーズ上場、2005年に東証1部に上場、2010年5月にオリックス証券と合併しています。

マネックス証券はサポートに定評のある証券会社として人気があり、メール・電話・お問い合わせフォームなど含め、さまざまなサポートに対応しています。

マネックス証券の証券総合取引口座の開設すれば、外国株の取引口座も続けて開設(無料で)できるので、米国株のお取引がすぐ可能となります。
※外国株取引口座を開設すると、米国株・中国株の取引が利用できる

また、気になる売買手数料について、マネックス証券は最低0米ドル~最大20米ドルとなっています。

約定代金の0.45%となるのですが、約定金額が1.11米ドルの場合は手数料無料、約定金額が一定金額以上(約4.444米ドル~)であれば、1回あたりの取引手数料は一律20米ドルとなるので、投資金額が大きくなった場合でも、手数料を気にせず安心して取引ができます。

マネックス証券で口座開設する

マネックス証券で米国株式投資を始めてみよう

マネックス証券で米国株含む投資を始めたい場合は、まず証券口座を開設する必要があります。口座開設費用はもちろん無料。

マネックス証券の口座を開設する

マネックス証券の口座を開設する方法は、オンラインと郵送の2通りあります。
オンラインの場合は、公式ホームページより申し込みフォームに必要事項を入力し、そのままオンライン上で本人確認書類のアップロード等まで行えるので、オンラインのほうが手間が少なくおすすめです。

【申込みに必要なもの】
・メールアドレス
・名前、住所などの個人情報
・本人確認書類

◆本人確認書類とは?

以下2つのどちらかが必要となります
 1.マイナンバーカード(個人番号カード)
 2.運転免許証+通知カード

 

※下記3パターンの中から1セット準備が必要です
・マイナンバーカード=写真付き(両面)
・通知カード(表面のみ)+運転免許証(両面)
・通知カード(氏名や住所変更のある方は両面)+運転免許証(両面)

オンラインの場合、口座開設が完了すると登録メールアドレスに「口座開設完了通知」がくるので、そこから資金を入金すればすぐに取引が開始できます!

従来の口座開設時によくありがちな「口座開設完了通知」が入った簡易書留が郵送された後、自宅の玄関で受け取る必要がありません。

マネックス証券の外国株口座を開設する

総合証券口座の開設が完了した後、外国株取引口座の開設手続きはすべてWEBサイト上で完結。

ここからはご参考までに、スマホの画面を使って外国株取引口座の開設手続き手順を紹介していきますね。

【1】マネックス証券の総合証券口座の開設が完了したら、サイトへログインをして「総合メニュー」の中から「米国株・中国株」をタップ。すると、外国株紹介のページに進むので、下のほうにある「外国株取引口座を開設する」をタップします。

マネックス証券の口座を開設する手順説明画像

【2】外国株取引口座の申し込みページになるので、「上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面(米国株)」の内容確認(必須)とその他ルールをよく読みましょう。

マネックス証券の口座を開設する手順説明画像

【3】内容の確認が終わったら、最下部にある「上記について確認しました。」と「承諾します。」にチェックを入れます。

マネックス証券の口座を開設する手順説明画像

【4】チェックを入れると「次へ(内容)」の色が変わり(グレーからグリーンになり)押せるようになるので、タップします。すると内容確認ページが開きます。

マネックス証券の口座を開設する手順説明画像

【5】内容確認のぺージで全ての内容が確認できたら、最後に「実行する」をタップ。すると外国株取引の口座開設申し込み作業が完了します。

マネックス証券の口座を開設する手順説明画像

外国株の口座開設申し込みは、営業日の15:30までに行えば翌朝の5:30には開設が完了し、外国株取引口座への資金振替が可能となります。

マネックス証券で口座開設する

米国株に投資するための資金は米ドルでの取引となります。しかし、マネックス証券では外国株取引口座に円を入金して米ドルを購入することができるので、米ドルを別途準備をしなくてもOK!

わざわざ準備しなくても大丈夫だなんて、シンプルで楽ちん。

いかがでしたでしょうか?
マネックス証券の総合証券口座を開設すれば、外国株口座もすぐに(無料で)開設できます。つまり、1つのマネックス証券アカウントで米国株への投資まで可能に。めちゃめちゃ便利!

資金の入金を済ませたら、あとは自分が気になる米国株に投資するだけ。ぜひ本記事を参考に、米国株投資デビューをしてみてくださいね。

マネックス証券で口座開設する

※最終的な投資決定は、ご自身の判断でお願いいたします。
株・証券金融
この記事を書いた人
テラ

お得なこと全般が大好き。お金を節約するのはもちろん、お金を増やすこと・労働以外でお金を生むことに対してもコツコツ活動中。ポイント系や投資が好きなので、そういったテーマの記事を書くことが多いです♪

おトクらし