旅行

年末年始旅行のベストな予約時期とは?おトクな割引を活用しよう!

年末年始旅行のベストな予約時期とは?おトクな割引を活用しよう

年末年始、みなさんはどのように過ごす予定ですか?自宅でゆっくり、久々に実家に帰る、そろそろ旅行に行きたい…など、外出自粛が続くコロナ禍で思うことはあると思います。

しかし、ここ1ヶ月間での急速な感染縮小や岸田総理の「コロナと共存する未来」といった発言などもあり、「そろそろ旅行に行けるようになるかもしれない!」という期待が高まりつつあるのは事実でしょう。

今回の記事では、年末年始の旅行を少しでもお得に予約する方法をいくつかご紹介します。

しかし、まだコロナが完全に終息したといえる状況ではありません。しっかりと感染予防を行った上での旅行をしていただくようお願いいたします。

コロナでなかなか旅行に行けなかったここ数年…

旅行

コロナが初めて日本国内で確認されてから早2年ほど経ちました。自粛・中止・延期など、楽しみも少ない中でかなりのストレスを抱えている方も多いでしょう。

しかし、ワクチン接種がかなり若い層にも広がってきたことなどもあり、ここ最近ではコロナの新規感染者数は減少傾向にあります。そろそろ旅行に行きたい!と思い立つ人は多いでしょう。

年末年始は国内旅行であれば行ける状況に

富士山

記事執筆時点では規制が緩和しつつあり、2021年の年末からは国内旅行に行ける状況になってきました。

海外旅行については、まだどの国も外国人を積極的に受け入れることを行っていないのが現状。その上、入国後と帰国後に2周間ずつの隔離生活が必要なことが多いため、休暇日数の取得が仕事の都合上難しく、海外旅行に行くというのはあまり現実的ではありません。

しかし、国内の旅行であればかなり緩和されてきているので旅行を楽しむことができるでしょう。

毎年恒例だった人気旅行プランにも変化

旅行・バックパッカー

コロナ禍になってから、各種旅行会社が提供している旅行プランにも変化が出ています。

これまでの年末年始といえば、ハワイやグアムなど海外リゾート地への旅行が大々的に取り上げられることが多くありました。しかし今年は国内に絞られている上、人が集まりやすい観光地ではなく人の少ない山奥の自然に囲まれているペンションなどが多く人気となっています。

旅行には行きたいけど、密は避けたい」という2つの希望を同時にかなえられるプランが多く見られます。

年末年始旅行のお得な予約方法

旅行

コロナが影響して旅行にいけないと思われがちですが、実はコロナのおかげでお得に旅行できる場合があることをご存知でしょうか?

コロナが終息したら、「コロナ割」なんて言葉はもう見ることもないでしょう。今だからこそある特別な割引はぜひ活用していきましょう!

ここからは、お得な旅行の予約方法をについて8つご紹介します。

(1)例年通りの早期予約割引

まずはじめに「早期予約割引」です。これは毎年ある割引で、どの期間が早期予約割引対象になるのかは旅行プランや旅行代理店によって異なるため調べる必要がありますが、基本的には10月~11月上旬は早期予約割引の対象である場合が多いです。

また、どの程度の割引があるかは旅行代理店や予約サイトによって異なりますので、最も割引の大きい旅行予約サービスを探すのもいいでしょう。

(2)年末年始の期間を避けて予約

多くの方がご存知のように、「年末年始=割高」というイメージが強いでしょう。年末年始というのは12月30日、31日、1月1日、2日、3日の5日間を指す事が多く、旅費が高く設定されているのもこの5日間です。

この5日間と土日祝日を避ければ、12月、1月であっても普段とそう変わらない金額で旅行に行くことができるでしょう。

さらに今年は特にコロナで減った旅行客を取り戻そうと各旅行会社や旅館、ホテルも必死になっているので、全体的に例年よりも少しお得になっている場合があります。

(3)12月後半に見かける直前割引

「12月後半の直前割引」についても毎年よく見かける割引になります。12月の中旬から下旬頃になると、キャンセルが出た分や空きのある部屋などが安く売り出されます。

ただし、キャンセルや空きがない時にはこの割引はない場合があり、必ず存在する割引ではありません。また、人気の場所であればすでにキャンセル待ち予約も実施されるため割引販売はされません。

仮に販売されても、自分が求めていたホテルや旅館、旅行地があるとは限りませんので、特にこだわりがない・とにかく安く旅行に行きたい場合などに利用することをおすすめします。

(4)ワクチン接種証明書で割引特典

みなさんはコロナワクチンを摂取しましたか?最近では、ワクチンを摂取した方向けに割引を行っているサービスが多数あります。

全ての旅行会社、サイト、宿泊施設で採用されているわけではありませんが、一部の旅行会社やサイト宿泊施設のプランの一つとして、ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)があれば割引や特別特典が付く場合があります。

ワクチン接種を促す目的でも、今年の年末年始の旅行プランには複数用意されているでしょう。この割引や特別特典を利用するには、旅行者全員(ワクチン接種可能年齢)が2回目のワクチン接種を終えている必要があり、各都道府県の観光支援策にもなっています。

もし2回のワクチン接種が終わっているのであれば、そういったプランの利用を検討してみましょう。

(5)都道府県による観光支援策

コロナ禍の今だからこそ、都道府県から保証(特典・割引)を受けられることがあります。

こちらは例として、自分が住んでいるところと同じ都道府県内(居住地同一県内)に旅行に行く場合、各都道府県が旅行費の一部を負担してくれるものとなっています。

旅行費の◯%負担や、1人あたり◯円割引またはクーポンなどがあり、旅行を予約した際に該当していれば旅行会社から説明があります。

対象の期間については各都道府県で異なるので、各自治体のホームページなどであらかじめ自分の住んでいる都道府県は該当しているのか、どんなサービスがあるのかをチェックしておきましょう!

(6)GoToトラベルが11月から再開?

こちらはまだ決定ではありませんが、コロナワクチンの摂取が広がったことや1日の感染者数がかなり減っていることから、岸田首相がGoToトラベル再開への取り組みを始めています。

GoToトラベルとは、2020年7月に観光庁が開始した旅行費用が実質半額にもなる特別施策(感染拡大の影響で一旦中止)こと。年内の再開はまだ慎重な意見もあるようですが、ワクチン接種証明書や陰性証明書と併用することで、早くて11月中の再開の可能性すら出ています。

また、年内は前項でも紹介した都道府県による観光支援策に隣接する県に広げる程度にしておこうという案もあり、まだどうなるかはっきりとは決まっていません。

しかし、11月からGoToトラベルが再開するのであれば年末年始の旅行から適用されますが、その分旅行の予約が殺到することが予想されます。密を避けるためにも、オンラインでの申込みなど対策を考えるようにしましょう。

(7)お正月には旅行福袋の販売がある場合も

お正月といえば福袋ですよね。旅行にも福袋があることは知っていますか?旅行福袋を利用する場合は旅行期間が年末年始から少しずれてしまいますが、お得に旅行に行けるチャンスなので見逃さないようにしてください。

よくある福袋のように袋に旅行プランが入っているわけではありませんが、「初売りプラン」や「福袋プラン」と称した旅行プランが組まれています。

こちらは初売りということで、年末年始明けで旅行者が減るため旅行費も安くなっています。年末年始に休暇がが取れない人は、ぜひ有効活用してくださいね。

(8)ポイントサイトを使った予約

本サイトの姉妹サイト「アメフリ」などのポイントサイトから旅行予約を行うと、サイト内で貯めることのできるポイントがもらえます!

アメフリには旅行予約サイトの広告が多数掲載されており、ただネット予約するより「アメフリを経由して予約をする」というひと手間を加えるだけでとってもお得に!

アメフリでは旅行の他にもさまざまな広告案件を取り扱っており、ショッピングや美容院、アクティビティ等のサービス、ゲームやアンケートなどのコンテンツをアメフリ経由で取り組むと、サイト内でためることのできるアメフリポイントがもらえます。

アメフリ(amefri)ポイント交換の手順

アメフリでためたポイントは、FamiPayギフト以外にも、現金やギフトコード、電子マネー、マイルなどさまざまなも交換先に交換ができます。400円相当からポイントを交換することができ、最短即日~5営業日以内にはポイント交換が完了します。

アメフリのアカウントは無料で作成できるので、まだ登録がお済みでない方は、登録用のメールアドレスを準備して、以下ページからご登録ください!

アメフリ(amefri)

【無料】アメフリのアカウント登録をする

まだ気は抜けないコロナ、楽しく安全に旅行を楽しもう

女性の後ろ姿

今までは自粛…自粛…で、「旅行なんていけない!」という状況でしたが、コロナワクチン摂取が広がったことや感染者数が減ったことで、以前より旅行に行きやすい雰囲気がでてきました。

旅行に行きたいと願っていた方は、このチャンスを逃さないようにしましょう。しかし、まだまだコロナは終息したわけではなく第6波の心配もされています。

旅行にいくことはもちろん悪いことではありません。ただ、コロナ感染対策をしっかりと行い、体調が悪い場合は無理せず旅行をキャンセルするなどコロナを拡大させない対策は怠らないようにして、久々の旅行を楽しみましょう!

旅行
この記事を書いた人
津々樹 唯

京都府在住。過去に保育園給食や障害児童デイサービスでの勤務経験があります。日々2羽の文鳥に邪魔されながらもWebライターとして終活・飲食・就職・副業・暮らしなど幅広いジャンルの執筆に取り組んでいます。
記事を読んでくださる方によりお得な情報をお届けするので、よろしくおねがいします!

おトクらし