クレジットカード

東京メトロのクレジットカード「To Me CARD Prime」のPASMO一体型で通勤通学を快適に!

東京メトロのクレジットカード「To Me CARD Prime」のPASMO一体型で通勤通学を快適に!

交通系ICカードは、全国各地の鉄道に乗れることに加え電子マネーとして買い物にも便利です。都内に非常に多くの駅を持つ東京メトロで通勤通学している人のための交通系ICは「PASMO」です。

PASMOは改札機やバス車内の読取り部にタッチするだけでOKのICカード。定期券や記名PASMO、無記名PASMO、クレジットカード一体型PASMOなどの種類があり、用途によって選ぶことができます。

そこで今回は、東京メトロとPASMOオートチャージを快適に使いこなすクレジットカード「To Me CARD Prime」をピックアップ。また、クレジットカードを発行する際はポイントサイトから申し込むとさらにお得なので、その点についてもご紹介します。

\アメフリ経由でカード発行するとポイントGET/

アメフリ経由で「To Me CARD Prime」を申し込む

※アメフリでの掲載が終了している場合がございます。

東京メトロ利用者はモバイルSuica&カードPASMOで快適

東京メトロ「To Me CARD Prime」
出典:To Me CARD

「To Me CARD Prime」は誰でも持てるカードですが、役立つ地域は絞られます。次のユーザーに対しておすすめできるといえます。

  • 通勤通学経路に東京メトロを含み、JR東日本を含まない
    例として「大手私鉄から東京メトロに乗る」、「東京メトロから乗って都営地下鉄で降りる」などもOK
  • 地元の私鉄系カードにそれほど魅力を感じていない
  • Echika等、駅ナカ商業施設が好きでよく行く

通勤通学経路にJR東日本を含む人は、チャージ時還元率が圧倒的に高い(1.5%以上)ビューカード等と組み合わせの可能なSuicaで定期券を持つのがおすすめです。東京メトロがメインユーザーなら「To Me CARD Prime」がいいでしょう。

そして定期券については次の方法がおすすめです。

  • To Me CARD Prime本体に定期を設定する(モバイルPASMOではない)
  • スマートフォンでモバイルSuicaを使う(PASMOと併用はしない)

現在主流なのは、「モバイルPASMOの定期券を持つ+To Me CARD Primeをオートチャージ用に持つ」といった方法でしょう。こちらの方法でも構いませんが、次の理由の通り、カード本体で定期を使うほうがむしろスマートです。

  • カードが新たに1枚増えるわけではない
  • 定期を駅で買う必要があるが、券売機はもはや混んでいない
  • PASMOを入れないことで、スマホでモバイルSuicaを手間なく使える
  • スマートフォンがなんらかの不具合を起こしたときでも電車に乗れる

モバイルSuicaとモバイルPASMOは1台のスマホで併用可能ですが、切り替えを忘れると思わぬ実害があります。二つのアイテムを完全に切り離すことで、SuicaとPASMO双方をフルスペックで快適に使えて、それぞれの特典を得ることができます。

※アメフリでの掲載が終了している場合がございます。

東京メトロ利用者に向いている「To Me CARD Prime」

東京メトロ「To Me CARD Prime」は定期券一体型もOK
出典:To Me CARD

関東の大手私鉄では電子マネーPASMOを使って電車に乗れますし、各私鉄は競ってPASMOにチャージ(オートチャージ)可能なクレジットカードを発行しています。

東京メトロの場合は、「To Me CARD Prime」というクレジットカードのブランドがあります。電車と日常生活の両方に便利なこのカードの特徴を見てみましょう。

定期券搭載&PASMO一体型

東京メトロ「To Me CARD Prime」は定期券搭載可能
出典:To Me CARD

まず、「To Me CARD Prime」の基本特性です。

  • PASMO一体型と、クレジットカード単体タイプを選べる
  • PASMO一体型には定期券が搭載できる
  • PASMOにオートチャージできる
  • モバイルPASMO利用も可

やはり、通勤通学に東京メトロを使う人向けと言えます。そういった人は、自然とメトロ系商業施設も利用する人が多いでしょう。

カードを増やしたくない人にはクレジットカード一体型が最適です。

年会費実質無料

「To Me CARD Prime」は初年度年会費無料、2年目以降年会費2,200円(税込)です。ただし年間50万円以上利用すると、この年会費は請求されません。

年間50万円というとずいぶん高いハードルにも思えますが、定期券をカードで購入し、光熱費や通信費等の引き落としをすればわりとすんなり届くはずです。

東京メトロ路線だけでなく、2社以上の鉄道を利用する人なら定期代が上がりさらに有利です。

年会費完全無料のカードもある

年間利用額が50万円に到達しづらく、オートチャージ用のカードがあればいいという方は、年会費完全無料のTo Me CARD(一般)も検討するといいでしょう。

UCカード発行で、国際ブランドはVISA、Mastercardから選べます。年間50万円をぜひ突破したい「To Me CARD Prime」ならではのメリットは、さらに掘り下げていきます。

※アメフリでの掲載が終了している場合がございます。

選べる3つの国際ブランド

「To Me CARD Prime」の国際ブランドは3種類から選べます。ブランドにより発行会社が異なります。

  • JCB…JCBカード
  • VISA…NICOSカード(三菱UFJニコス)
  • Mastercard…NICOSカード(三菱UFJニコス)

メトロポイントが貯まる

東京メトロ「To Me CARD Prime」はポイントが貯まる
出典:To Me CARD

カード会社別のポイントプログラムにより、カード利用ごとに0.5%の還元率でポイントが貯まります。貯まったポイントは、等価でメトロポイントに移行できます。

メトロポイントには、次の利用法があります。

東京メトロ「To Me CARD Prime」で貯めたポイントの活用方法
出典:To Me CARD
  • 10ポイント=10円でPASMOにチャージ
  • 500ポイントを等価交換でnanacoポイントに
  • 1,000ポイント=ANAマイル600マイルに

マイル交換率はスタンダードカードの数字としてはいいものなので、マイルを主目的に使うのもいいでしょう。

PASMOでメトロポイントPlusが貯まる

Suicaも便利ですが、東京メトロの利用ではPASMOが威力を発揮します。そして、To Me CARD会員であることの最大のメリットは、PASMO利用でメトロポイントPlusが貯まることです(要登録)。

以下は「To Me CARD Prime」カード会員のポイント(1ポイント=1円相当)です。

  • 平日1乗車…10ポイント
  • 休日1乗車…20ポイント
  • METRO’S、Echika、Metro pia、Esola等の商業施設…200円につき1ポイント
  • メトロポイントPlus対象の自動販売機…100円につき1ポイント

定期券区間は対象外ですが、定期区間をはみ出て乗るたびポイントになります。1回10円、20円というのは大きなものです。

東京メトロ商業施設では、PASMO利用で0.5%のポイント上乗せがあると考えられます。オートチャージ時の0.5%と併せて1.0%還元です。

※アメフリでの掲載が終了している場合がございます。

東京メトロ商業施設で優待あり

東京メトロは、JR東日本ほど豊富に商業施設を持っているわけではありません。ですが通勤通学に利用している人は、高い確率でエキナカや駅隣接の商業施設を使っているでしょう。

優待があるお店についてはPASMO払いでなくカード払いがおすすめで、次の商業施設で優待があります。
食事ならソフトドリンク無料が多いですが、化粧品のサンプルプレゼントや、コンタクトレンズ、リラクゼーション10%オフなど大きなものもあります。

  • Echika表参道
  • Echika池袋(Rainbow SPECTRUMのオリジナルノベルティプレゼント)
  • Esola池袋
  • Echika fit上野(サンマルクカフェの10%オフ)
  • Echika fit東京(ユニクロアプリポイント2倍)
  • 北千住メトロピア(メガネスーパーコンタクト10%オフ)
  • メトロ・エム 後楽園
  • 渋谷メトロプラザ

これ以外、東京メトロの商業施設以外でも優待があります。以下はごくごく一例です。

  • オリックスレンタカー最大55%オフ
  • 三越日本橋・銀座でメトロポイント0.5%付与
  • ビックカメラでメトロポイント0.5%付与
  • スカイツリー展望台200円オフ

ポイントサイト経由でカード発行してポイント還元

アメフリ(amefri)
出典:アメフリ

ポイントサイトを経由してクレジットカードを申し込むと、ポイントサイト独自のポイントがもらえてお得です。

アメフリ経由で「To Me CARD Prime」を申し込む

※アメフリでの掲載が終了している場合がございます。

「To Me CARD Prime」は、ポイントサイト「アメフリ」から申し込んで審査に通ると、現時点(2022年1月25日)は28,000ポイント(2,800円相当)の還元があります(電話認証済会員の場合)。

現在は、NICOSカード(VISA、Mastercard)のみポイント還元の対象となっています。「To Me CARD Prime」に初めて申し込む人のみ対象となっていますが、逆に言えば次の人も申し込んでポイントをもらえる対象です。

  • To Me CARD Prime以外のTo Meカードを持っている人
  • To Me CARD Prime以外のNICOSカードを持っている人

新規入会キャンペーンも実施中

東京メトロ「To Me CARD Prime」の新規入会キャンペーン
出典:To Me CARD

「To Me CARD Prime」では申込時の入会キャンペーンも実施中です。

アメフリ経由でも直接申込と同様、800メトロポイントがもらえます。ただし、アメフリのポイント対象者でも過去4か月以内にTo Me CARDを持っていた場合は対象外になることがあります。

こういった点に注意しながら、ぜひポイントサイト経由で「To Me CARD Prime」を発行し、通勤通学やその他生活のあらゆるシーンに役立ててください。

東京メトロ「To Me CARD Prime」
出典:To Me CARD

アメフリ経由で「To Me CARD Prime」を申し込む

※アメフリでの掲載が終了している場合がございます。

クレジットカードポイ活
この記事を書いた人
弁天小僧

キャッシュレスは単なる支払い手段ではなく、生活を豊かにしてくれますよ。
キャッシュレス関連の記事執筆と、自己アフィリエイト、キャンペーン等の実践で生活している弁天小僧です。クレジットカードは常時10枚持っています。
人さまにもおすすめしたいのは、年会費無料で還元率1.5%になり、モバイルSuicaとの相性もいいエポスゴールドカードです。

おトクらし